つばきウイメンズクリニック

ブログ

第64回日本生殖医学会学術講演会 ご報告

2019年11月7-8日、神戸市の神戸国際会議場で開催された「第64回日本生殖医学会学術講演会」にて、当院男性不妊外来を担当する岡田弘医師(独協医科大学埼玉医療センター病院長、泌尿器科主任教授)が学術大会長を務めました。

岡田弘医師

当院鍋田院長より岡田弘先生へのお祝いのスタンド花です。

 

 

荒木康久先生(株式会社高度生殖医療技術研究所顧問)、小堀善友先生(独協医科大学埼玉医療センター泌尿器科准教授)座長のもと、シンポジウム4「こんなのあったらいいなー生殖医療におけるnew technology , new device」において、当院鍋田院長「不妊治療に用いる新規精子輸送容器―トランスポーターSの有用性の検討―」について発表しました。

鍋田基生院長

 

森本義晴先生(HoRACグランフロント大阪クリニック院長)座長のもと、ランチョンセミナー4「精子力」改善プロジェクト Part3において、当院鍋田院長「婦人科クリニックにおける男性不妊外来のモデルケース(愛媛松山モデル)」について発表しました。

鍋田基生院長

 

当院鍋田院長「不妊症スクリーニング検査における子宮内細菌叢検査の検討」について発表しました。

鍋田基生院長

 

当院の須賀真美医師「有床診療所での腹腔鏡手術導入後の短期成績」について発表しました。

 

当院の長谷川麻理胚培養士が「酸化ストレスの改善が妊娠成績に与える影響」について発表しました。

長谷川麻理胚培養士

 

当院男性不妊外来を担当する岩端威之医師「不妊治療のための新規精子輸送容器 ―トランスポーターSの有用性の―アップデート」について発表しました。当院鍋田院長も共同演者です。

鍋田基生院長

 

当院男性不妊外来を担当する下村之人医師「精索静脈瘤患者に対する陰嚢専用冷却シートの効果検討 ―KIBOH Cooling Sheet―」について発表しました。当院鍋田院長も共同演者です。

鍋田基生院長

 

 

日本生殖医学会は、不妊治療や不育症治療などに関する基礎的および臨床的研究について、研究業績の発表、知識の交換、情報の提供などを行うことを目的とした学術団体で、国内の生殖医療に関する学会では、最も大きな学術団体のひとつです。

クリニックについて