つばきウイメンズクリニック

ブログ

第14回国際生殖免疫学会・第34回日本生殖免疫学会(合同開催)ご報告

当院鍋田院長が奈良市で開催された「第14回国際生殖免疫学会・第34回日本生殖免疫学会(合同開催)」に参加してきました。

 

以前、本学会の機関紙である「Journal of Reproductive Immunology」に当院鍋田院長の論文「Identification of anti-Syntaxin 5 autoantibody as a novel endometriotic marker」が掲載されたこともあります。

 

能楽ホール[奈良春日野国際フォーラム]

 

会場となった奈良春日野国際フォーラムでは、能楽ホールも会場のひとつとなり、格調高い能舞台でのシンポジウム等もありました。

生殖医療に関わる関係者が世界中から参加し盛会に終わりました。

クリニックについて