つばきウイメンズクリニック

お知らせ

着床前診断の臨床研究が愛媛新聞に掲載されました。

体外受精した受精卵の染色体の異常を子宮に戻す前に調べて、流産率の低下や、出産率の向上を目指す着床前診断の効果を検証する日本産科婦人科学会の臨床研究に参加する施設が、現在で78施設に上ることが紹介されています。

愛媛県内からは当院が参加しています。

詳細はこちらをクリックしてください。